泥汚れの落とし方2選!泥汚れを落とす正しい洗濯方法を紹介
泥汚れの落とし方2選!泥汚れを落とす正しい洗濯方法を紹介
自分が着ている衣類が泥汚れした経験は誰もが経験したことあると思います。

泥汚れを落とそうとして、洗濯する前に水で洗っていませんか。

実は洗濯前に水洗いすると、逆に泥が落ちにくくなります。

では、泥のついた衣類をどう洗えばよいか分かりませんよね。

この記事では、泥汚れを効率よく落とす方法について手順を踏んで詳しく紹介していきます。

なぜ泥汚れは落ちづらいのか
泥汚れにはいくつかタイプがありました。

ではなぜ、泥汚れが落ちにくいと言われているのでしょうか。

それは、不溶性という水に溶けづらい性質があり、衣類やスニーカーの繊維の奥まで土や砂が浸透するためです。

皆さんはいつも液体洗剤や漂白剤を使用して泥汚れを落とそうとします。

しかし、繊維の奥まで泥がはいった泥汚れにはほとんど意味がありません。

なぜなら、英期待洗剤や漂白剤は繊維にしみ込んだ汚れを白くするためにあるので、泥汚れは掻き出してくれないです。

では、一度ついてしまった泥汚れを落とすことは夢で終わってしまうのかと思います。

しかし、そんな心配しなくても大丈夫です。

実は、泥汚れに効果のあるものがあります。

泥汚れに効果あるものとは

泥汚れに効果あるものは洗濯用の固形石鹸です。

洗剤ではなく、洗剤なのかと思った方も多いかもしれません。

洗濯と言えば、今は液体洗剤を使用することが多くなりましたよね。

じつは固形石鹸は、油や水に溶けやすい性質があり、泥や粒子を溶かして取り除く効果があります。

さらに、環境にやさしい素材を使っているため安心して使用できます。

そして、小呂汚れを落とすためにはブラシと併用しましょう。

泥汚れをきれいに落とせるだけではなく、汗の臭いや泥臭さまで消してくれます。

泥汚れの落とし方
服についた泥や泥汚れは、事前に水洗いする、洗濯機にいれて洗濯しただけでは泥汚れは落ちませんよね。

なぜなら、泥汚れはシミ汚れと違う性質があるからです。

コーヒー・醤油・ホコリ・砂などは細かい粒子が繊維の奥に入り込んでしまうので、なかなか落とすことができません。

そのため、繊維に入り込んだ粒子を物理的に押し出す方法できれいにする必要があります。

以下では、手間をかけず簡単に泥汚れを落とす方法を紹介します。

泥汚れを落とすために、以下の4つを用意しましょう。

  • 固形石鹸(「ウタマロ石鹸」がおすすめ)
  • 食器用中性洗剤(「キュキュット」など)
  • 歯ブラシ
  • ドライヤー(用意できればよい)
  • 泥汚れを落とすためには特別な道具は必要ありません。

    体や手を洗うために使う「固形石鹸」と「食器用洗剤」、泥を落とすためにブラシがあれば大丈夫です。

    泡立ちのよい固形石鹸は繊維に入り込んだ泥の粒子を包み込むので、取り出しやすくなります。

    ふだん使用する石鹸で大丈夫ですが、長年定評のある「ウタマロ石鹸」を使うことをおすすめします。

    1.泥汚れ落とし方(洗濯機での洗い方)

    泥汚れを落とすためには、下洗いが大切になります。

    泥汚れは、皮脂と混ざって汚れが落ちにくいです。

    なので、

  • 汚れた部分に石鹸をあてる
  • 汗や皮脂を食洗器で洗い流す
  • 手順で泥汚れを洗います。
  • 以下が泥汚れを落とすための手順です。

  • 大まかな泥を手で振り落とす
  • 泥汚れのあるところに固形石鹸を塗る
  • もみ洗いする
  • 洗剤をたらしてもみ洗いする
  • 水やぬるま湯ですすぐ
  • 洗濯機にいれて洗う
  • ①大まかな泥を手で振り落とす

    まずは、汚れた部分を手ではたき、衣類などに付着しているおおまかな泥を落としましょう。

    ベランダや玄関など土が散らかってもいい場所で土を落としましょう。

    濡れている場合は、ドライヤーなどを用いて一度乾かしてから、泥を落とします。

    あわせて歯ブラシを使ってこまかな泥まで落としておくと効果的です。

    ②泥汚れのあるところに固形石鹸を塗る

    汚れた衣類と固形石鹸をぬるま湯で湿らせましょう。

    泥汚れがうっすら白くなるくらいこすりつけます。

    泥の粒子が奥に入り込まないように、衣類の両面に石鹸を塗り込みましょう。

    ③もみ洗いする

    洗面器などに水をためてから、水に溶かすようにもみ洗いしましょう。

    泥が繊維の奥に入り込みと、泥が落ちにくくなりますので、こまめに裏返しにしながら洗い流します。

    裏返しにしながら手もみ洗いすると、石鹸で緩んだよごれが流れでてくるので、水がかなりにごります。

    そのため、水がかなり汚れてきたら、水を変えて洗いましょう。

    ➃洗剤をたらしてもみ洗いする

    泥汚れのついた衣類に、食器用洗濯機を数的垂らしてもみ洗いしましょう。

    洗濯成分によって、皮脂汚れや残った泥汚れが包まれるので、溶けやすくなります。

    ⑤水やぬるま湯ですすぐ

    衣類の裏側から水をあてて、繊維に入り込んだ泥が落ちるまですすぎましょう。

    ⑥洗濯機にいれて洗う

    最後に、洗濯機に入れて洗濯すれば完了です。

    ここでの一番のポイントは「固形石鹸によるこすり洗い」です。

    固形石鹸を塗ることにより、繊維に入り込んだ汚れが落ちやすくなります。

    これを選択する前にするだけで、洗濯後の白さが変わります。

    2.泥汚れの落とし方(時間が経った泥汚れを落とす方法)

    先ほど紹介したやり方でも落とせない泥汚れには、「つけおき洗い」して汚れを落としましょう。

    「つけおき洗い」には、以下の4つの道具を用意しましょう。

  • 液体洗剤(「アタックNeo」など)
  • 重曹
  • 洗面器
  • 酸素系漂白剤(「ワイドハイター」など)
  • 「つけおき洗い」には以下の3つの手順でおこないます。

  • 衣類についた泥汚れおおまかに落とす
  • 水につけおきする
  • 洗濯する
  • 上記の手順について詳しく説明しましたので、見てみましょう。

    ①衣類についた泥汚れおおまかに落とす

    先ほど紹介した『泥汚れ落とし方(洗濯機での洗い方)』の手順で以下の作業は同じですので、それらをおこないます。

  • 大まかな泥を手で振り落とす
  • 泥汚れのあるところに固形石鹸を塗る
  • もみ洗いする
  • 洗剤をたらしてもみ洗いする
  • 水やぬるま湯ですすぐ
  • ②水につけおきする

    ある程度、泥汚れを落としたら洗面台にお湯をはり、洗濯1回分ほどの「洗濯」と同量の「重曹」をくわえて泥汚れした衣類をつけ置きしましょう。

    さらに汚れを落とす効果を高めるために酸素系漂白剤を加えることをおすすめします。

    その後、汚れた衣類を入れて、1時間ほど目安でつけこみましょう。

    ③洗濯する

    その後、つけこんだ衣類はそのまま洗濯すれば大丈夫です。

    衣類はすでにつけこんであるので、洗濯機にいれたら汚れが取れやすくなります。

    なので、ふつうに洗濯するよりも衣類がきれいに仕上がります。

    頑張っても泥汚れが取れないときは宅配クリーニングへ
    自分で頑張ったけれど、汚れが取れなくなると諦めてしまいますよね。

    しかし、諦めなくても大丈夫です。

    自分でやってもダメなら宅配クリーニングを活用しましょう。

    まとめ~泥汚れの落とし方2選~
    本記事では、泥汚れの落とし方ついて紹介しました。

    泥汚れの落とし方には3つありますので、もう一度見てみましょう。

    • 泥汚れ落とし方(洗濯機での洗い方)
    • 泥汚れの落とし方(時間が経った泥汚れを落とす方法)


    また、上記の方法で頑張っても泥汚れが取れない場合は、宅配クリーニングを活用しましょう。

    条件別ランキング
    編集部おすすめ宅配クリーニング
    初めてのご利用で全品20%OFF
    高品質なコスパトップクラス宅配クリーニング
    リネット
    リネットは新規注文者には全品20%引きのキャンペーンを設けており、
    さらにアパレルブランドとの提携によって、ただ安いだけではなく品質の高さも保障されています。
    保管期間最大12ヶ月無料!
    新規登録で550円ポイントを獲得
    リナビス
    リナビスは[12か月の保管無料]・「染み抜き毛玉取り無料」・「全国対応送料無料」などの8つのおせっかい無料が詰まっていて、宅配クリーニング初心者におすすめの優良業者です!
    布団と衣類をまとめて出すとお得!
    職人がまごころを込めて手仕上げしてくれる
    ヤマトヤクリーニング
    「Mixクリーニングコース」で衣類と布団をまとめて出せます!熟練された職人の技術で仕上げてくれるので、その仕上がりにはきっと満足できるはず。
    宅配クリーニングコラム